造血幹細胞の体外増幅

これまで体外で増殖できなかった造血幹細胞の増殖に成功

造血幹細胞は酸素を運ぶ赤血球、細菌・ウイルスと戦う白血球、止血作用のある血小板など、様々な血液細胞に分化することができる血液の幹細胞です。そのため、人為的に大量増殖し、分化のコントロールができると、白血病や難治性血液疾患などの様々な疾患への治療法への活用が可能となるため、世界の研究者が造血幹細胞の増殖技術の開発競争を繰り広げています。

2019年、東京大学医科学研究所 山崎聡特任准教授(現筑波大学教授)並びに中内啓光特任教授(Stanford大学教授を兼務)のチームは、マウスの造血幹細胞の増殖技術の開発に成功しました。のりの成分で知られるポリビニルアルコールという低分子化合物を用いて、造血幹細胞が体外で増殖可能であることを示したことにより、血清アルブミンやサイトカインなどの生物由来物質を使わない増殖試薬が誕生しました。試薬成分のばらつきを極力抑えることが可能となることから、造血幹細胞を安定して高品質かつ大量に増殖することが可能となります。

この成果をさらに発展させて、ヒトの造血幹細胞にカスタマイズした増殖試薬の開発にも成功しました。これにより、再生医療製品として実用化する段階に漸く到達することができました。骨髄、さい帯血、末梢血のいずれの細胞種でも増殖可能であることが確認されています。

こうしたことから、ヒト造血幹細胞を使った研究・創薬に広く貢献できると考えています。

造血幹細胞

機能的特徴

  • 体外増幅が可能
  • 品質の安定化(他の細胞への分化を制御)
  • 高い増殖率

製品的特長

  • 低コストの原材料(生物由来物質未使用)
  • 安全な物質の使用(既に医薬品で使用)
  • 容易な品質管理

参考)日本医療研究開発機構(AMED):プレスリリース(令和元年5月30日)
 ー 液体のりで造血幹細胞の増幅に成功―細胞治療のコスト削減や次世代幹細胞治療に期待 ―