About Celaid

About Celaid
MESSAGE

メッセージ

メッセージ

造血幹細胞を用いた治療を
UPDATEする

これまで、医療技術の進展に伴い様々な治療法が開発され、ガンは昔のような不治の病ではなくなりました。ただ、白血病や悪性リンパ腫など血液がんは、新しい治療法の登場により治癒率が改善されているものの、いまだ根治の難しい病気と言われており、新たな治療法が求められています。

そこで近年、新たな治療法として、幹細胞を用いた医療への応用が注目されています。
中でも、血液の源である造血幹細胞の活用は、古くから白血病などのがんを始めとする血液疾患に用いられています。また、その有用性から遺伝子疾患などへの新しい応用に向けた研究開発が世界で行われています。しかし、いずれの治療法でも治療の際には患者さんに適した良質な造血幹細胞を大量に用意する必要があり、今の臨床現場では、最適な細胞を必要量確保することが難しいこと、人工的な体外増幅が難しい等の様々な理由で、造血幹細胞の利点を最大限に利用できていません。

このように、造血幹細胞の活用には必要量の確保という高いハードルが残されている中、我々はそれまで造血幹細胞の培養には必須と言われていたアルブミンをポリビニルアルコールで代替できること、加えて増幅能力を大幅に高めるという画期的な技術をマウスで実証し*1、さらにこれまで難しいとされていた、“ヒト造血幹細胞の体外での大量増幅法”についても次々と新しい技術開発に成功しました*2,3,4
これらの技術開発により、生体試料中では微量の造血幹細胞を試験管内で大量に増幅することが可能となり、幹細胞特性(ステムネス)を維持しながら安全に生体へ移植・生着できることを確認しています。

私たちは、この技術を用いて、現在の造血幹細胞を用いた医療や遺伝子治療などの新領域に対して、これまでにない新たな医療技術を提案し、世界の人々のQOLを高めて生活を豊かにすることを目指しています。

  • *1 Adam et. al., Long -term ex vivo hematopoietic-stem-cell expansion allows nonconditioned transplantation. Nature. 2019 Jul.
  • *2 Sakurai et. al., In vivo expansion of functional human hematopoietic stem progenitor cells by butyzamide. Int J Hematol. 2020 Mar.
  • *3 WO 2021/049617
  • *4 WO 2021/149799
代表取締役社長 荒川 信行 Nobuyuki Arakawa
MANAGEMENT PHILOSOPHY

経営理念

VISION, VALUE, MISSION
COMPANY PROFILE

会社概要

社名 セレイドセラピューティクス株式会社
Celaid Therapeutics Inc.
設立 2020年10月8日
代表者 荒川 信行
資本金 460,003,200円(資本準備金を含む)
所在地 <本社/ラボ>
〒113-8485
東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ
<東京オフィス>
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6階 Inspired.Lab
<神戸オフィス>
〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町1-6-5 国際医療開発センター5階
事業内容
  • ヒト造血幹細胞の増殖試薬
  • 細胞の製造販売
  • ヒト造血幹細胞を活用した再生医療製品の開発
  • 遺伝子治療などの次世代治療法の開発
ACCESS

アクセス

<本社/ラボ>

  • 東京メトロ丸ノ内線 [本郷三丁目駅]
    2番出口を出て本郷3丁目交差点を右折し、本富士警察署前交差点を左折し、龍岡門からお入りください。
  • 東京メトロ千代田線 [湯島駅]
    1番出口を出て本富士警察署前交差点を右折し、龍岡門からお入りください。
  • 都営大江戸線 [本郷三丁目駅]
    本富士警察署前交差点を左折し、龍岡門からお入りください。

<東京オフィス>

  • 東京メトロ各線、都営三田線、大手町駅直結。最寄り出口C7、E2です。東寄り(東京駅側)のエレベーターをご利用ください。

<神戸オフィス>

  • ポートライナー医療センター駅下車、徒歩3分。
LEADERSHIP

リーダーシップ

渡部 素生

渡部 素生

Motoo Watanabe Ph.D:共同創業者 / 取締役会長 CSO

東京大学農学部卒業後、三菱油化(現三菱化学)、カナダトロントオンタリオ癌研究所及びマウントサイナイ病院にて分子免疫学研究に従事。三菱化学生命科学研究所勤務後、㈱セルフリーサイエンス代表取締役、科学技術振興機構技術参事、㈱メガカリオン取締役CTOなど歴任。バイオベンチャーの技術経営に関わると共に、東大医科学研究所にて当社創業技術の開発に関与。2020年当社を共同創業し、取締役会長CSOに就任。医学博士。

荒川 信行

荒川 信行

Nobuyuki Arakawa 共同創業者 / 代表取締役社長CEO

慶應義塾大学理工学部、同大学大学院理工学研究科(工学修士)を経て、アクセンチュア株式会社で製造・小売業界におけるコンサルティングに従事。その後、中小企業の改革、大学発バイオベンチャーの立上げ、AI・IoT・ヘルスケア領域のテクノロジー企業の事業開発・DX推進など、大手企業からベンチャー・中小企業の運営・改革と幅広く経験を積み重ねる。2020年当社を共同創業し、代表取締役CEOに就任。

井上 雄介

井上 雄介

Yusuke Inoue COO & CFO

東京工業大学生命理工学部卒業、同大学院生命工学修士課程修了。武田薬品工業(株)にて第1相から3相までの臨床開発現場を経験した後、PMO及びプロジェクトマネジャーとして部門横断的な組織・チームを管理。オンコロジーポートフォリオの日本ファイナンスを経て、米国ボストンの研究開発本社に赴任。消化器領域のグローバルポートフォリオのファイナンス責任者を務め、数百億規模のポートフォリオと十数個のグローバルアセットの財務管理を担う。臨床開発やプロジェクトマネジメント等の事業側と、ファイナンス、PMO、アライアンス管理などのバックオフィス側の両方の経験多数。2022年4月に当社へ参画。

小原 洋志

小原 洋志

Hiroshi Kohara CTO (Chief Technology Officer) / 技術開発部 部長

慶應義塾大学理工学部卒業、同大学大学院理工学研究科修士課程修了、京都大学大学院医学研究科博士課程修了、京都大学再生医科学研究所(現京都大学ウイルス・再生医科学研究所)及び米国ハーバード医科大学付属ブリガム&ウイメンズ病院 博士研究員、九州大学生体防御医学研究所及び東京大学医科学研究所 特任講師(血液学・生体医工学研究)武田薬品工業(株)を経て、セレイドセラピューティクス(株)に参画。アカデミアでの血液細胞の生物学研究、先天性血液疾患の治療研究やヘルスケア企業での血液、肝臓等の探索毒性研究などをリードした経験多数。2021年11月に当社へ参画。

SCIENTIFIC ADVISORS

サイエンティフィックアドバイザー

中内 啓光

中内 啓光

Hiromitsu Nakauchi MD, Ph.D:共同創業者
  • 東京大学医科学研究所 幹細胞治療部門 特任教授
  • スタンフォード大学 幹細胞生物学・再生医学研究所 教授

山﨑 聡

Satoshi Yamazaki
Ph.D:共同創業者
  • 筑波大学 医学医療系 トランスボーダー医学研究センター 教授
  • 東京大学医科学研究所 付属幹細胞治療研究センター 特任准教授
櫻井 政寿

櫻井 政寿

Masatoshi Sakurai MD, Ph.D:共同創業者
  • 慶應義塾大学医学部 血液内科 専任講師

Copyright© セレイドセラピューティクス - 細胞治療(造血幹細胞) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.