お知らせ
News
NEWS

お知らせ

当社が協力する筑波大学の研究がAMEDに採択されました

筑波大学が実施し、セレイドセラピューティクスが研究開発に協力する研究テーマが、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)による、令和4年度「橋渡し研究プログラム(preF)」に採択されました。

<AMED採択内容>
公募情報      :令和4年度「橋渡し研究プログラム(preF)」
橋渡し研究支援機関 :筑波大学
研究開発課題名   :新規造血幹細胞の増幅技術を用いた急性白血病等に対する臍帯血移植法の確立
研究開発代表者   :筑波大学・教授 山崎聡

外部リンク>令和4年度 「橋渡し研究プログラム(preFならびにシーズC)」の採択課題について

Copyright© セレイドセラピューティクス - 細胞治療(造血幹細胞) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.